海外在住でも大丈夫? ベトナム在住者の仮想通貨取引のはじめ方

こんにちは魁人(@kaito_vsです。

「仮想通貨」やってますか?

僕は、9月からコツコツ毎月2~3万円ずつ買いはじめました。
なれてきたので、12月には大量に仮想通貨を購入したのですが、今日(1月6日)の時点で含み益が100万円を越えました。

※追記
1月中旬から仮想通貨暴落して、最高時から総資産は4分の1まで減りました!!

仮想通貨にみた夢と絶望 仮想通貨バブルと暴落 コインチェック事件まで

2017年は仮想通貨元年と言われた年ですが、2017年の仮想通貨最大の伸び率はバージの9815倍。これ1万円分買っていたら1億近くになっちゃったわけです。
モナコインの377倍でも、30万円分モナコインを持っていれば1億円になっちゃうんだから、ちょっとおかしな世界ですよね。

今は完全にバブル状態で、ある程度上がる目途が立っているコインに投資していけば、確実に資産が増えていく状況です。
答えの分かっている試験というか、勝つ馬券がわかっている状態、といったらわかりやすいですかね。
実際に僕の利益が1ヶ月で100万円くらい出ているって話をしても、みんな仮想通貨をはじめないんですよ。
めんどくさいのか、お金がいらないのかわかりませんが、リップルなんて12月はじめに20円台だったのに、12月末には270円になり、1月6日には400円まで上がりました。

リップルこんな好材料があるため、年内には1000円になるとも、3000円になるとも、はたまた10000円になるとも言われています。

日韓金融機関、ブロックチェーン送金の実験開始より抜粋。

三井住友銀行りそな銀行など37の金融機関が、米リップル社の技術を活用し韓国の大手銀行2行と15日から送金実験を始める。

SBIホールディングス傘下のSBIリップルアジアが中心となり61の金融機関が参加する連合体が今回の実証実験を主導する。

今回はリップル社のブロックチェーン技術を活用するが、最終的には仮想通貨(XRP)を活用したいという。

日本側は商用化のためのシステム開発を既に終えている。実証実験は1月31日までの約1カ月半を予定している。

ベトナム在住でも仮想通貨取引できるの?

ここまで読んで、仮想通貨をはじめてみたいと思ったあなた。
でも、

「海外在住だと日本口座開設できない」

そう思っていませんか。
実際、CoincheckやbitFlyerを登録する際には、かならず住所確認と本人確認があります。

ですので、海外在住だとそこで諦めるかたも多いと思います。なんせ、僕も住所確認がめんどくさそうで、去年はbitFlyerへの登録を見送りましたから。(いまは登録してます)
でも、おなじベトナムブロガーのでんちゅうさんやHOCさんがガンガン仮想通貨の記事を書いていることからわかるように、ある条件を満たしていれば海外在住でも取引所の口座を開くことは出来るんです。

その条件とは、日本に住所があり、そこに誰かが住んでいて郵便物を受け取ることができること。

僕の場合は、日本に住所が置いてあり、そこに親が住んでいるので住所確認は問題ありませんでした。
何のために住所確認されるか、っつーと税金をとるためなんですよね。
前述の通り、仮想通貨で1億と稼ぐ人がでてくると、税務署が税金を取り立てにやってくるんです。
住所がないと税金がとれないので、登録前にそれを確認されるんですね。
なんで、とりあえず日本に住所があって、誰かが住んでいれば取引所の口座開設は可能です

日本に住所がない人はどうするか?

いきなりハードルが高くなりますが、海外の取引所なら住所確認なしで仮想通貨の取引所口座を解説できます。
で、一番のオススメ取引所がBinanceです。

バイナンスは香港の取引所です。
仮想通貨の種類は100種類以上あります。また、手数料も日本の取引所よりも安く、トレードもし易いです。
実は、僕の資産は半分以上Binanceに移しています。
バイナンスは取引所としてはほぼ完璧なのですが、残念なのは日本円を送金できないことです。

ところが、ユーザーの急増により、新規登録停止中になることもあるので、登録できない場合は日をおいてトライして下さい。

Binanceでアカウント開設できたらお金を入金しましょう。

ホーチミン市内には、お金を入金できるビットコインATM(BTM)があります。
そこから、Binanceの口座にお金を送金することができます。

ホーチミンのビットコインATM

なんとホーチミンの1区のピザ屋さん内にビットコインATMがあるそうです。

場所はこちらです。


BTM(Bitcoin ATM)の使い方はこの方のブログがすごく分かりやすいです!!

ベトナム・ホーチミンでビットコイン(Bitcoin) ATMを使って売買、私の10万ベトナムドンが無情にも吸い込まれる|ビットコイン(Bitcoin)初心者 海外取引記

てゆーか、この方のブログ僕の記事よりめっちゃ参考になる。
女性らしく手が込んでいる記事で分かりやすいです!

ベトナムのビットコイン取引所

ベトナム取引所はこちらの記事が参考になります。

 

期待の仮想通貨BITPLUS

 

2018年1月、日本にオープンするBITPLUSに注目が集まっています。

取り扱い通貨が多い
日本の取引所で扱われている仮想通貨の種類は、最も多い所でCoinCheckの14種類です。
BIT PLUSはローンチ初期こそ少ないものの、最終的には100種類程度にまで増える予定です。これで日本からも簡単にハイリスクハイリターンの通貨に手を出すことが出来るようになります。

取引手数料が比較的安い
0.25%です。(ちなみに、CoinCheckはレートがわるいので実質3%以上)

BITPLUSがオープンしたら、CoincheckやbitFlyerのユーザーがBITPLUSへ移動するとも言われています。
手数料の安さとコインの種類の多さが魅力的です。
海外の取引所をそのまま日本に持ち込んだような取引所なので、海外在住にもメリットがありそうです。
オープンはまだですが、事前に登録はできますので、登録だけ済ましておきましょう。

▼ビットプラスの無料口座開設はこちら

 

ビットコインの管理はハードウェアウォッレットが安心です。


関連記事

  1. ベトナム在住者がビットコインを入手する方法 まとめ

  2. 仮想通貨にみた夢と絶望 仮想通貨バブルと暴落 コインチェック事件まで

  3. 【仮想通貨で生き抜く術】仮想通貨をはじめる前に必要なものと知っておくべきこと

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

  1. エッセンシャル思考と億万長者思考
  2. 【レビュー】人生を変える80対20の法則 リチャード・コッチ
  3. 【レビュー】必ず食える1%の人になる方法
  4. 夢のあるキーワードに潜む罠 SNSではいくつもの蜘蛛の巣があなたを待っている
  5. 【仮想通貨で生き抜く術】仮想通貨をはじめる前に必要なものと知っておくべきこと
  6. 仮想通貨にみた夢と絶望 仮想通貨バブルと暴落 コインチェック事件まで
  7. ベトナム在住者がビットコインを入手する方法 まとめ

人気記事

うんこたんオフィシャルサイト

ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR

PAGE TOP